【 S高銘柄 】6月のストップ高銘柄(抜粋)


月別一覧へ
7月のストップ高銘柄へ→
←5月のストップ高銘柄へ

6月30日(金)本日のストップ高銘柄

ASJ 2日連続のS高。6/29から信用取引に関する規制が解除されたことがきっかけか。同社は5/17グループの米国法人ASUSA Corporationの西田博史CEOとオレゴン州立大学の共同研究である『Random Network Coded Distributed Data System』が国際電子技術者学会に承認されたと発表したことがきっかけで高騰していた。買い注文残あり。
DNAチップ研究所 3日連続のS高。厚生労働省ががんに関連した遺伝子の変異を一度に調べられる一括検査を保険診療で行えるようにする方針を固めたと伝わっていることがきっかけ。2018年度中の実現を目指す。同社はDNAチップや次世代シークエンサーによる遺伝子受託解析を主力事業としている。
日本一ソフト ソーシャルゲーム関連
土木管理総合試験所 2日連続のS高。6/22道路・軌道の路面下ビックデータ共有システム『ROAD-S』を開発、来春からサービス提供開始と発表したことがきっかけで高騰していた。
ソレキア 6/29業績の上方修正を発表したことがきっかけ。18年3月期最終利益を1.6億円→2.8億円に。保有する株式3銘柄を売却したことに伴う売却益1.7億円が最終利益を押し上げる。またフリージア・マクロスが同社会長の佐々木ベジ氏からソレキア株を取得しソレキアを持分法適用会社化する。

6月29日(木)本日のストップ高銘柄

ASJ 今日から信用取引に関する規制が解除されたことがきっかけか。同社は5/17グループの米国法人ASUSA Corporationの西田博史CEOとオレゴン州立大学の共同研究である『Random Network Coded Distributed Data System』が国際電子技術者学会に承認されたと発表したことがきっかけで高騰していた。
DNAチップ研究所 2日連続のS高。厚生労働省ががんに関連した遺伝子の変異を一度に調べられる一括検査を保険診療で行えるようにする方針を固めたと伝わっていることがきっかけ。2018年度中の実現を目指す。同社はDNAチップや次世代シークエンサーによる遺伝子受託解析を主力事業としている。
土木管理総合試験所 6/26以来のS高。6/22道路・軌道の路面下ビックデータ共有システム『ROAD-S』を開発、来春からサービス提供開始と発表したことがきっかけで高騰していた。

6月28日(水)本日のストップ高銘柄

DNAチップ研究所 厚生労働省ががんに関連した遺伝子の変異を一度に調べられる一括検査を保険診療で行えるようにする方針を固めたと伝わっていることがきっかけ。2018年度中の実現を目指す。同社はDNAチップや次世代シークエンサーによる遺伝子受託解析を主力事業としている。買い注文残あり。
PSS 厚生労働省ががんに関連した遺伝子の変異を一度に調べられる一括検査を保険診療で行えるようにする方針を固めたと一部メディアが報じていることがきかっけ。同社など関連銘柄に物色向かう。

6月27日(火)本日のストップ高銘柄

シンデン・ハイテックス 6/26半導体検査装置の大口受注を獲得したと発表したことがきっかけ。受注金額は45億円。18年3月期第2四半期の売上高に計上する見込み。5/11に発表した業績予想にはこの案件の数字は含まれていない。買い注文残あり。
レカム 6/26中国子会社のレカムビジネスソリューションズが会社形態を「有限公司」から「株式有限公司」へ変更することについて中国当局の認可が得られたと発表したことがきっかけ。中国新興市場への株式上場準備は最終段階に入り17年末までに上場承認がなされる見通し。
enish 2日連続のS高。6/26アイドルグループ欅坂46初となる公式ゲームアプリ『欅のキセキ』の制作を決定し、17年内に配信を開始すると発表したことがきっかけ。
フィックスターズ 6/26カナダのディー・ウェイブ・システムズと量子コンピューターに関する協業を開始することで合意したと発表したことがきっかけ。
イグニス ソーシャルゲーム関連
NaITO 6/26決算発表がきっかけ。18年2月期(第1四半期)経常利益は前期比46.3%増の2.5億円に。
NCS&A 2日連続のS高。5/16から株価上昇し一時調整後の急騰。フォーサイドの連れ高か?5/15発行済み株式数の1.61%にあたる30万株を上限に自社株買いを実施すると発表、買い付け期間は5月16日から9月30日。また同時に決算を発表。18年3月期経常利益は前期比57.9%増の4.5億円。配当も前期比2円増の10円に増配。

6月26日(月)本日のストップ高銘柄

フォーサイド 6/23日経新聞で「中国アリババ集団は電子決済サービス『アリペイ』を通じた集客機能を日本に導入する。7月から日中両国のローソンで融通できるポイント機能などを提供する」と報じられたことがきっかけ。同社では子会社クレディエンスがユニヴァ・ペイキャストと提携し中国市場向けにアリペイの提供を行っている。
enish 6/26アイドルグループ欅坂46初となる公式ゲームアプリ『欅のキセキ』の制作を決定し、17年内に配信を開始すると発表したことがきっかけ。
サイバーステップ 同社はPCオンラインゲーム開発大手でクレーンゲームアプリ『トレバ』が絶好調。4/7に17年5月期経常利益を7.5倍に上方修正したことがきっかけで株価は上昇基調。
リミックスポイント 仮想通貨関連。6月はS高連発。6/9日経新聞で『ホテルや旅館に仮想通貨の両替機能を提供するサービスを今夏にも始める』と報道。6/5株主にビットコインを配布と発表。6/1もS高、また5/30まで4日連続ストップ高。5/29同社子会社で仮想通貨取引所を運営するビットポイントジャパンが、国内大手コンビニチェーンとビットコイン決済の導入に向けて協議していると一部メディアが報じている。ビットコイン一段高で仮想通貨に物色も。5/22子会社がPeachAviationとの間で仮想通貨決済サービスなどで業務提携したと発表。
土木管理総合試験所 2日連続のS高。6/22道路・軌道の路面下ビックデータ共有システム『ROAD-S』を開発、来春からサービス提供開始と発表したことがきっかけ。
NCS&A 5/16から株価上昇し一時調整後の急騰。フォーサイドの連れ高か?5/15発行済み株式数の1.61%にあたる30万株を上限に自社株買いを実施すると発表、買い付け期間は5月16日から9月30日。また同時に決算を発表。18年3月期経常利益は前期比57.9%増の4.5億円。配当も前期比2円増の10円に増配。

6月23日(金)本日のストップ高銘柄

駅探 6/22訪日旅行者に特化した国内最大級のWebメディア『Japan Info』を運営するジャパンインフォと業務提携することで合意したと発表したことがきっかけ。
UMNファーマ 2日連続のS高。バイオテクノロジー関連。
土木管理総合試験所 6/22道路・軌道の路面下ビックデータ共有システム『ROAD-S』を開発、来春からサービス提供開始と発表したことがきっかけ。
タカタ 6/23日経新聞で乗用車メーカー各社が同社に資金繰り支援を伝えたことが22日判明したと報じたことがきっかけ。同社は26日にも東京地裁に民事再生法の適用を申請する方向にあることが伝わっている。

6月22日(木)本日のストップ高銘柄

サンテック 6/21業績の上方修正を発表したことがきっかけ。上半期最終利益は3億円→10億円に、通期は9億円→16億円に。貸倒引当金戻入額、繰延税金資産の計上などが原因。営業利益は据え置き。買い注文残あり。
スターティア 6/22上海の印刷大手4社と共同で中国におけるARサービスCOCOARの拡販を目的とした合弁会社設立に合意と発表したことがきっかけ。
サイバーステップ ソーシャルゲーム関連
シリコンスタジオ 2日連続のS高。6/22米ミストウォーカーコーポレーションと共同開発中のスマートフォン・PC向けゲーム「テラバトル2」のティザーサイト、トレイラー、公式SNSの公開を発表したことがきっかけ。6/21同社が開発を継続しているグローバルイルミネーション技術Enlightenが、任天堂Switchに対応したと発表。また、ゲーム関連メディアで米ミストウォーカー社の最新作ゲーム「テラバトル2」が紹介されており、一部で同社が共同制作していると報じられたことから物色されている面も。
UMNファーマ バイオテクノロジー関連
オンキヨー 2日連続のS高。6/21米アップルの音声アシスタント機能Siriに対応し、Lightning 端子から給電、バッテリー不要でポケットサイズに収まるスピーカーフォン『RAYZ Rally』のApple Store限定色を採用したモデルを発売すると発表したことがきっかけ。

6月21日(水)本日のストップ高銘柄

トランスジェニック 6/20大阪市大・森啓教授らが開発したアルツハイマー病モデルマウスについてライセンス契約を締結したと発表したことがきっかけ。同社は今回の契約締結により、全世界においてアルツハイマー病モデルマウスの生産および販売サービスの提供を開始することになる。買い注文残あり。
ベクター 6/20中国の百奥家庭互動有限公司が開発したスマートフォンゲーム『造物法則』の日本における独占ライセンスを獲得したと発表したことがきっかけ。
シリコンスタジオ 6/21同社が開発を継続しているグローバルイルミネーション技術Enlightenが、任天堂Switchに対応したと発表したことがきっかけ。また、ゲーム関連メディアで米ミストウォーカー社の最新作ゲーム「テラバトル2」が紹介されており、一部で同社が共同制作していると報じられたことから物色されている面も。
アンジェスMG 6/14以来のS高。6/10日本経済新聞で「特別な機能を持つ遺伝子を使い血管の病気を治す遺伝子治療について、今年10月をめどに厚生労働省に製造販売の承認を申請する。』と報じられたことがきっかけで高騰していた。
オンキヨー 6/21米アップルの音声アシスタント機能Siriに対応し、Lightning 端子から給電、バッテリー不要でポケットサイズに収まるスピーカーフォン『RAYZ Rally』のApple Store限定色を採用したモデルを発売すると発表したことがきっかけ。
澤藤電機 6/21一部TV番組で水素が特集され同社も取り上げられていることがきかっけ。同社は岐阜大学と共同でアンモニアから高純度の水素を製造できるシステムを開発し、3月に高騰していた。

6月20日(火)本日のストップ高銘柄

博展 6/20同社グループのアイアクトがソフトバンクとコグニティブ検索サービス『CogmoSearch』の販売パートナー契約を締結したと発表したことがきっかけ。
環境管理 6/20小池百合子知事が豊洲市場に移転しつつ築地跡地も活用する基本方針を記者会見で表明すると一部で報道されたことがきっかけ。土壌・地下水汚染対策の関連銘柄に物色が向かっている様子。
ネクストウェア 3日連続のS高。6/16ブロックチェーン技術開発シビラと資本・業務提携を行うと発表したことがきっかけ。両社はブロックチェーン技術の耐改ざん性を活用したセキュリティサービス、及びバイオメトリクス技術とブロックチェーン技術を融合したIoTサービスの企画、開発、販売に共同で取り組む。買い注文残あり。
田淵電機 『ニンテンドースイッチ』の販売が好調で部品を供給する同社も物色されている様子。同社は電源コードから本体へ流れる電気を交流から直流に変換するスイッチング電源を供給。
シライ電子工業 『ニンテンドースイッチ』の販売が好調で部品を供給する同社も物色されている様子。同社は京都に本社を置くプリント配線板専業メーカー。

6月19日(月)本日のストップ高銘柄

ホットリンク 同社はディープラーニングなどのAI技術を活用したビッグデータ解析ツールを提供、AI関連株として注目を集め、まとまった買いが継続的に流入し動意含みにある。
アイル 6/16ブロックチェーン技術開発シビラと資本業務提携を締結したと発表したことがきっかけ。シビラのブロックチェーン技術を活用して、アイルが展開するクラウドサービスのセキュリティ向上、仮想通貨の導入並び応用、在庫データのオープン化、及び企業、店舗、サービスを横断したオープンなプラットフォームの企画、開発、販売を共同で取り組む。買い注文残あり。
ネクストウェア 2日連続のS高。6/16ブロックチェーン技術開発シビラと資本・業務提携を行うと発表したことがきっかけ。両社はブロックチェーン技術の耐改ざん性を活用したセキュリティサービス、及びバイオメトリクス技術とブロックチェーン技術を融合したIoTサービスの企画、開発、販売に共同で取り組む。買い注文残あり。

6月16日(金)本日のストップ高銘柄

ネクストウェア 6/16ブロックチェーン技術開発シビラと資本・業務提携を行うと発表したことがきっかけ。
エンバイオHD 6/15東京都が五輪水泳センターの建設予定地の土壌から、土壌汚染対策法の基準値を超える鉛や水銀が検出されたと発表したことがきっかけ。同社は土壌汚染対策事業などを展開している。

6月15日(木)本日のストップ高銘柄

ハイアス・アンド・カンパニー 6/14決算発表がきっかけ。17年4月期経常利益は前期比32.9%増の3億円、18年4月期も前期比15.5%増の3.5億円に。今期配当は上場来初となる8円に。買い注文残あり。

6月14日(水)本日のストップ高銘柄

アンジェスMG 3日連続のS高。6/10日本経済新聞で「特別な機能を持つ遺伝子を使い血管の病気を治す遺伝子治療について、今年10月をめどに厚生労働省に製造販売の承認を申請する。』と報じられたことがきっかけ。
ヤーマン 6/13決算発表及び株式分割を発表したことがきっかけ。17年4月期経常利益は前期比3.5倍の35.3億円、18年4月期も前期比3.2%増の36.4億円に。1→10の株式分割(10/31割当)を実施すると発表。
大真空 6/13世界最小で最薄の水晶振動子と発振器を開発したと発表したことがきっかけ。

6月13日(火)本日のストップ高銘柄

エムビーエス 2日連続のS高。6/12パシフィックコンサルタンツと共同で『対象物管理サーバ及び対象物管理システム』に関する特許取得したことを発表したことがきっかけ。買い注文残あり。
ホットリンク 同社はディープラーニングなどのAI技術を活用したビッグデータ解析ツールを提供、AI関連株として注目を集め、まとまった買いが継続的に流入し動意含みにあった。
アンジェスMG 2日連続のS高。6/10日本経済新聞で「特別な機能を持つ遺伝子を使い血管の病気を治す遺伝子治療について、今年10月をめどに厚生労働省に製造販売の承認を申請する。』と報じられたことがきっかけ。買い注文残あり。
フォーカスシステムズ 5/31と日本マイクロソフトとサイバー犯罪の証拠データの分析及び鑑識の高速処理化に向けて連携すると発表したことがきっかけで、翌日から連続S高していた。
トーセ 4日連続のS高。6/8スクウェア・エニックスが年内に配信予定で、6/9からクローズドβテストを開催している『ドラゴンクエストライバルズ』の開発を同社が担当していることが明らかになったことがきっかけ。

6月12日(月)本日のストップ高銘柄

エムビーエス 6/12対象物管理サーバ及び対象物管理システム特許取得との発表がきっかけか?発表は引け後。
コーセーアールイー 2日連続のS高。6/8決算発表がきっかけ。18年1月期(第1四半期)経常利益は前期比5.0倍の11.8億円に。買い注文残あり。
アンジェスMG 6/10日本経済新聞で「特別な機能を持つ遺伝子を使い血管の病気を治す遺伝子治療について、今年10月をめどに厚生労働省に製造販売の承認を申請する。』と報じられたことがきっかけ。買い注文残あり。
トーセ 3日連続のS高。6/8スクウェア・エニックスが年内に配信予定で、6/9からクローズドβテストを開催している『ドラゴンクエストライバルズ』の開発を同社が担当していることが明らかになったことがきっかけ。買い注文残あり。
ピクセラ 3日連続のS高。6/7出資先企業であるOakキャピタルが『Google社が展開する新しいテレビ事業において、Googleパートナー10社のうちの1社として紹介されている』と発表したことがきっかけ。

6月9日(金)本日のストップ高銘柄

コーセーアールイー 6/8決算発表がきっかけ。18年1月期(第1四半期)経常利益は前期比5.0倍の11.8億円に。買い注文残あり。
オルトプラス 6/8決算発表、およびスマホゲーム「結城友奈は勇者である 花結いのきらめき」(ゆゆゆい)を配信開始したことがきっかけ。
エヌ・デーソフトウェア 6/9日経新聞に『輝く地方企業』として特集されたことがきっかけ。買い注文残あり。
サイバーステップ 今年1月から業績好調で株価は急伸している。ソーシャルゲーム関連。
リミックスポイント 3日連続のS高。6/9日経新聞で『ホテルや旅館に仮想通貨の両替機能を提供するサービスを今夏にも始める』と報道。6/5株主にビットコインを配布と発表。6/1もS高、また5/30まで4日連続ストップ高。5/29同社子会社で仮想通貨取引所を運営するビットポイントジャパンが、国内大手コンビニチェーンとビットコイン決済の導入に向けて協議していると一部メディアが報じている。ビットコイン一段高で仮想通貨に物色も。5/22子会社がPeachAviationとの間で仮想通貨決済サービスなどで業務提携したと発表。
トーセ 2日連続のS高。6/8スクウェア・エニックスが年内に配信予定で、6/9からクローズドβテストを開催している『ドラゴンクエストライバルズ』の開発を同社が担当していることが明らかになったことがきっかけ。買い注文残あり。
ピクセラ 2日連続のS高。6/7出資先企業であるOakキャピタルが『Google社が展開する新しいテレビ事業において、Googleパートナー10社のうちの1社として紹介されている』と発表したことがきっかけ。

6月8日(木)本日のストップ高銘柄

リミックスポイント 2日連続のS高。6/5株主にビットコインを配布と発表。6/1もS高、また5/30まで4日連続ストップ高。5/29同社子会社で仮想通貨取引所を運営するビットポイントジャパンが、国内大手コンビニチェーンとビットコイン決済の導入に向けて協議していると一部メディアが報じている。ビットコイン一段高で仮想通貨に物色も。5/22子会社がPeachAviationとの間で仮想通貨決済サービスなどで業務提携したと発表。
トーセ ドラクエ関連か?
リバーエレテック 3日連続のS高。6/5世界最小サイズの音叉型水晶振動子を開発と発表したことがきっかけ。買い注文残あり。
ピクセラ 6/7出資先企業であるOakキャピタルが『Google社が展開する新しいテレビ事業において、Googleパートナー10社のうちの1社として紹介されている』と発表したことがきっかけ。

6月7日(水)本日のストップ高銘柄

アプリックス 2日連続のS高。6/5Amazon.com, Inc.が提供する音声認識機能「Alexa」を利用した家電メーカー向けトータルIoTソリューションを発売すると発表したことがきっかけ。
リミックスポイント 6/5株主にビットコインを配布と発表したことがきっかっけか。6/1もS高、また5/30まで4日連続ストップ高。5/29同社子会社で仮想通貨取引所を運営するビットポイントジャパンが、国内大手コンビニチェーンとビットコイン決済の導入に向けて協議していると一部メディアが報じている。ビットコイン一段高で仮想通貨に物色も。また5/22子会社がPeachAviationとの間で仮想通貨決済サービスなどで業務提携したと発表したことがきっかけで翌日S高していた。
アカツキ 6/7デジタル卓球アクティビティ『TQ』プロトタイプ第1弾、ブロック崩しゲーム『PONG!PONG! 』を発表したことがきっかけ。
AWSホールディングス 5/31子会社であるエーアイエスの医療データ分析ツールが日本最大級のグループ医療機関に導入されたと発表したことがきっかけで高騰続く。
リバーエレテック 2日連続のS高。6/5世界最小サイズの音叉型水晶振動子を開発と発表したことがきっかけ。買い注文残あり。
三井ハイテック 6/6決算発表がきっかけ。18年1月期(第1四半期)最終利益は前年比2.3倍の9.3億円に。上期予想を7億円から10億円に、通期を23憶円から26憶円に上方修正。また、自社株買い実施発表も。

6月6日(火)本日のストップ高銘柄

大光 6/5株式分割を実施すると発表したことがきっかけ。6月30日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施。
アプリックス 6/5Amazon.com, Inc.が提供する音声認識機能「Alexa」を利用した家電メーカー向けトータルIoTソリューションを発売すると発表したことがきっかけ。買い注文残あり。
リバーエレテック 6/5世界最小サイズの音叉型水晶振動子を開発と発表したことがきっかけ。買い注文残あり。

6月5日(月)本日のストップ高銘柄

モブキャスト 2日連続のS高。現在、中国でiOS版のオープンβテストを実施中の「モバサカ」中国版が現地のAppStore売上ランキングで急上昇していることが材料視されている?買い注文残あり。
PR TIMES 5/31訪日外国人客向けの観光情報などを掲載する多言語コンテンツメディア『PR TIMES.COM 』を新設することを発表したことがきっかけで翌日急騰。また、5/26東証1部を目指し立会外分売を実施しており、その後株価は急騰。
AWSホールディングス 3日連続のS高。5/31子会社であるエーアイエスの医療データ分析ツールが日本最大級のグループ医療機関に導入されたと発表したことがきっかけ。
ノムラシステム 3日連続のS高。5/31株式分割を実施すると発表した事がきっかけ。1株につき3株の割合で基準日は6月30日。
セグエグループ サイバーセキュリティー関連株として物色。
フォーカスシステムズ 3日連続のS高。5/31と日本マイクロソフトとサイバー犯罪の証拠データの分析及び鑑識の高速処理化に向けて連携すると発表したことがきっかけ。
ガーラ 3日連続のS高。5/30韓国子会社Gala Labが開発したスマホ向けゲーム『Flyff Legacy』の英語版を、オーストラリア・ニュージーランド・東南アジアでダウンロード配信を開始したと発表したことがきっかけ。
川西倉庫 6/2東証1部に指定替え(6/9付)すると発表したことがきっかけ。

6月2日(金)本日のストップ高銘柄

モブキャスト 現在、中国でiOS版のオープンβテストを実施中の「モバサカ」中国版が現地のAppStore売上ランキングで急上昇していることが材料視されている?
enish 2日連続のS高。6/1より東証が信用取引の規制を解除、日証金も増担保措置を解除したことがきっかけ。スマホゲーム「12オーディンズ」の中国配信発表から市場の関心が高まる。4/21から信用規制がとられていた。
AWSホールディングス 2日連続のS高。5/31子会社であるエーアイエスの医療データ分析ツールが日本最大級のグループ医療機関に導入されたと発表したことがきっかけ。
ノムラシステム 2日連続のS高。5/31株式分割を実施すると発表した事がきっかけ。1株につき3株の割合で基準日は6月30日。
フォーカスシステムズ 2日連続のS高。5/31と日本マイクロソフトとサイバー犯罪の証拠データの分析及び鑑識の高速処理化に向けて連携すると発表したことがきっかけ。買い注文残あり。
ガーラ 2日連続のS高。5/30韓国子会社Gala Labが開発したスマホ向けゲーム『Flyff Legacy』の英語版を、オーストラリア・ニュージーランド・東南アジアでダウンロード配信を開始したと発表したことがきっかけ。
インテリジェント ウェイブ  17年6月期はソフトウエア開発事業が好調で全体業績を牽引しているほか、サイバーセキュリティー対策の商談が増勢、また、口語や話し言葉による自然言語を適切に処理する独自のAI技術を活用した新製品「OpAI」にも引き合い旺盛でAI関連株としてもマークされている。

6月1日(木)本日のストップ高銘柄

エムアップ 5/31乃木坂46アプリの事前登録サイトで新規追加キャンペーン開始と発表したことがきかっけ。アプリ関連で5/12から株価は高騰。
enish 6/1より東証が信用取引の規制を解除、日証金も増担保措置を解除したことがきっかけ。スマホゲーム「12オーディンズ」の中国配信発表から市場の関心が高まる。4/21から信用規制がとられていた。
リミックスポイント 5/30まで4日連続ストップ高、再度ストップ高。同社子会社で仮想通貨取引所を運営するビットポイントジャパンが、国内大手コンビニチェーンとビットコイン決済の導入に向けて協議していると一部メディアが報じている事がきっかけ。これまではビットコイン一段高で仮想通貨に物色。また5/22子会社がPeachAviationとの間で仮想通貨決済サービスなどで業務提携したと発表したことがきっかけで翌日S高していた。
AWSホールディングス 5/31子会社であるエーアイエスの医療データ分析ツールが日本最大級のグループ医療機関に導入されたと発表したことがきっかけ。
ノムラシステム 5/31株式分割を実施すると発表した事がきっかけ。1株につき3株の割合で基準日は6月30日。
フォーカスシステムズ 5/31と日本マイクロソフトとサイバー犯罪の証拠データの分析及び鑑識の高速処理化に向けて連携すると発表したことがきっかけ。
ガーラ 5/30韓国子会社Gala Labが開発したスマホ向けゲーム『Flyff Legacy』の英語版を、オーストラリア・ニュージーランド・東南アジアでダウンロード配信を開始したと発表したことがきっかけ。
アルメディオ 3日連続のS高。5/29グローバルサーチ社が運営する不動産総合比較サイト「イエカレ」の事業譲受けに関する事業譲渡契約を締結することを決議したと発表したことがきっかけ。
コンセック 2日連続のS高。5/12早稲田大と共同出願していた『電解質膜、膜電極接合体、及び燃料電池』に関する特許が5/31付で発行されたことがきっかけ。

 

月別一覧へ
7月のストップ高銘柄へ→
←5月のストップ高銘柄へ

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*